読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オムニバス・レコード

不特定多数の執筆者による、無記名ディスクレビューブログです。執筆者の数はネズミ算式に増えていくため、ブログ開設者も執筆者の全容を把握していません。

コロニー / 麓健一

一曲一曲、ボーカルが同じようで、違うようで、同じだ。ドラムが効いていてビート感が強い曲の中で朗々と歌う声も、弾き語りの曲でか細く歌う声も、ひとつの響きをかたくなに持ち続けている。赤ん坊のような響きだ。生命力と、今にも死んでしまいそうな脆さ…

sal blakey / COMBO PIANO

99年作。鍵盤奏者・渡邊琢磨のソロプロジェクトの1stアルバム。後に結成される内橋和久・千住宗臣とのトリオが有名かと思うが、本作でもリトル・クリーチャーズの3名をはじめとしたお歴々がバックを務めており、演奏はとてもスリリングだ。トランペットで参…

さよならキャメルハウス / WATER WATER CAMEL

2009年にリリースされたサードアルバム。タイトルにある「キャメルハウス」とは、メンバー3人の共同生活の場であり制作スタジオでもあった一軒家の名前だそうだ。アルバムの最後を締めくくる表題曲は、まさにその生活が終わるころに作られたらしい。 バ…

10th Anniversary SMAP SHOP! / SMAP

SMAP SHOP 2015-2016 公式グッズ CD「10th Anniversary SMAP SHOP!」 メディア: この商品を含むブログを見る 昨年末に解散したSMAPがキャリアの最後にリリースした楽曲、つまり現状における「SMAPの最新楽曲」を聴けた人は、実はごく限られている。というの…

HELL DRIVER / THE GEROGERIGEGEGE

ゲロゲリゲゲゲのアンビエント作(1999年) 日本のノイズユニットであるゲロゲリゲゲゲのパブリックイメージ(そんなのあるのかな)は「1,2,3,4のカウントで爆発」「掃除機でオナニーするおっさん」「単なるウケ狙いのしょうもないバンド」ってと…

桜フルート / 池田若菜・谷口雄

保守的なアートワークはともかく、J-POP以降の「桜ソング」「卒業ソング」を、フルートとピアノのみのインストゥルメンタル・アレンジで凛と聴かせる野心作。選曲は、超定番の福山雅治『桜坂』や森山直太朗『さくら(独唱)』から、カラオケヒット常連のボカ…

Experimental Jet Set, Trash and No Star / Sonic Youth

オルタナの名盤に数えられることも多く、大きなセールスも記録した『Dirty』の次作となる、94年の作品。「ソニック・ユースの曲の中で一番の名曲は?」と訊かれて挙げられそうなのは、『Schizophrenia』とか『Teenage Riot』、『Dirty Boots』、『100%』とい…